接客の基本、身だしなみ

接客業において、身だしなみはとても大事です。ボサボサの髪の毛では不潔感を与えてしまうので、しっかりと整えておきましょう。爪が伸びっぱなしで汚れていては衛生的にも良くないので、しっかりと切り揃えておきましょう。また、ついつい怠りがちなムダ毛処理ですが、こちらも忘れずにきちんとしましょう。こちらが思っている以上に、お客様は店員のことを見ているものですので、誰が見ても不快に感じないように身だしなみが整っているか、しっかりとチェックしましょう。

接客で必ず使う言葉について

皆さんもお店に足を運んだ際にこの言葉を聴いたことがあるでしょう。「いらっしゃいませ」「お待たせ致しました」「かしこまりました」「少々お待ちください」「申し訳ございません」「恐れ入ります」「失礼致します」「ありがとうございます」どんなお店でも、この8つの言葉はほとんど使います。使い方も合わせてしっかりと覚えましょう。接客において言葉はとても重要なものです。どのタイミングで、どんな気持ちを込めて、どんな目的で使うのか、そのことを常に意識しましょう。

接客をする上での心構え

接客業を続けていると、様々なお客様に出会うと思います。礼儀正しいお客様もいれば、そうではないお客様もいます。後者の場合、「嫌だなあ」と感じることもあると思いますが、だからといって、いい加減な接客をしてはなりません。接客業では、どのようなお客様にも分け隔てなく真心を込めたサービスをすることが大切です。日々忙しく働いていると、ついいい加減な気持ちが芽生えそうになりますが、真心というものを決して忘れずに頑張りましょう。

就業規則とは企業が定めた就業に当たっての規則となっています。そのため、企業で働く場合には守らなければいけないルールです。規則を違反した事が発覚した場合には減給や解雇の原因となりますので、しっかりと規則を守りながら働く事が大切です。企業で働きやすい環境を作るためや、安心して業務に専念する事が出来るための規則です。