まずは腰痛の基礎知識!

腰痛と言っても「ぎっくり腰」や慢性的な腰痛、ヘルニアなど、様々な痛みの種類がありますよね。腰痛は世界中で症状がみられ一生で一度は腰痛を経験すると言われています!実は腰痛はレントゲンなどでとっても原因が分からないことがあるなど、現代医学をもってしてもわからないことが多いのです。ではなぜ腰痛が起こるのでしょうか?主な原因は「骨格・血流障害・筋肉」です。骨格に関しては、背骨や腰骨の変形が原因で、椎間板ヘルニアという言葉はよく耳にすると思います!交通事故などやスポーツなどで多くみられます。血流障害は運動不足や運動不足による筋肉量の低下から血流が悪くなり腰痛を引き起こします。肥満やきつい下着の着用なんかも原因になりますよ!筋肉はレントゲンでは原因がわかりません!重いものを運んだり無理な姿勢で長時間いると筋肉疲労をおこし、腰痛の原因となるでしょう

どんな人がなりやすい?

国民病とも言われる腰痛ですがどんな人がなりやすいのでしょうか?私達は一日の大変を仕事をして過ごしていますよね。やはり腰痛は仕事中の姿勢が大きく関係しているのではないのでしょうか?一般的にはライン作業・農業など長時間前屈姿勢を保って仕事をする人、最近労働人口が増加しているデスクワークやタクシードライバーなど長時間座ったままの職業、介護職や物流・運送業など重量物を持ち運びする業種の方は腰痛になりやすいと言われています。

腰痛は日常の習慣・姿勢から気をつけよう!

腰に一番負担がかかるのは長時間同じ姿勢でいることです。仕事でずっと同じ姿勢で作業されている方は意識して姿勢を変えてみるのもいいかもしれませんよ。また、腰に一番負担のかかる姿勢は座ったまま前傾姿勢になることです。パソコン作業などはいかに腰に悪いかがわかりますよね。では腰になるべく負担のかからないデスクワークの正しい姿勢とはどんなしせいでしょうか?まず、背もたれを利用しないようにしましょう!背中は背もたれに沿うように、背中と背もたれの間に拳が1つ入るぐらいが理想です!背筋を伸ばし、腹筋に力を入れましょう!また、足の裏全体を床につけ、顎を引くことにより腹筋に力が入りやすくなり腰に負担が少なく、より作業に集中しやすい姿勢となります!この姿勢をいつも意識できるようになれば腰痛にも仕事にもいい効果が現れますよ!

日頃の疲れやストレスなどが蓄積している場合、鍼灸の施術を受けることでリラクゼーション効果を得ることができ、心身共にすっきりとした状態になります。また、痛みをほとんど感じること無く施術を受けることができるので、初心者でも安心です。