信用取引を解説します。

まず信用取引とは何かについてですが、信用取引とは自分の持っている資金を担保にする事で証券会社からお金を借りる事が出来、その借りた資金で投資する事を信用取引と言います。簡単にいうと自分を信用してもらう事で自分の持っている資金以上の投資が可能になるって事なんですよね。信用取引をする事で得られるメリットは沢山あるんです。ですから今日まで多くの人が利用しているというのもありますし、上手に活用する事が出来れば大きな利益を得る事が出来ます。

取引が上手くいけば受け取る利益も上がる。

信用取り引きのメリットは色々存在しています。まず最初に自身が持っている資金以上の取引が可能になりますから、上手く取引する事が出来ればその分だけ、自身が受け取る利益も上がるんです。例えば自身の持っている資金が20万円だった場合、信用取引を利用すれば3倍の60万円まで取引が可能になり、取引が成功しますとその分利益も3倍に上がるんですよ。利益が3倍になるのはかなり大きいですよね。これが信用取引のまず最初のメリットになります。

株の空売りを上手く利用すると利益を得る事が出来る。

普通の株取引って株価が安いときに株を買い、株価が高くなったら株を売りますよね。ですが信用取引の場合は、株の空売りを利用する事が出来るので株価が下がると自身の利益になるんですよ。どういったしくみかと言いますと証券会社に10万円の株を借りて売ります。そして株価が8万円に下がった所で、株を買い戻し、株を証券会社に返しますと、この差額分の利益2万円が自身の利益になります。この行為を空売りと呼び、上手く活用する事が出来ますと大きな利益を生み出す事が出来ます。

信用取引とは、証券会社に一定の委託保証金を預けたうえで、買付資金や売却する株式を借りて行う取引です。自分の手持ち資金以上の売買ができることや株式の売却から取引に参加できることがメリットです。