決算発表と株価の動き

最近は、株式市場が活況を呈していますが、株価は何によって変動しているのでしょうか。まず、四半期ごとの決算発表により、今までの予想よりも利益が出ているとわかった時には、株価が上昇し、反対に予想よりも損失が増えている時には、株価が下落します。ここで、わかりにくいのは、「予想よりも」という所です。つまり、大きな利益が出ているという発表ならば、株価は上昇するだろうと素人的には思えますが、専門家がもっと大きな利益を予め予想していた場合には、株価は反対に下落してしまうのです。

株式数の変動が株価に及ぼす影響

株価が変動するもう一つの要因として、株式数の変化があります。例えば、ある企業が株式の公募を行うと発表すると、市場に出回る株式総数が増えますから、1株当りの利益が減少することが予想され、株価は下落します。反対に、ある企業が自社株買いを実施することを発表すれば、市場に出回る株式総数が減りますから、1株当りの利益が増加することが予想され、株価は上昇します。つまり、株の数が予想以上に少なくて、利益が予想以上に出ていれば、株価は上昇するのです。

時価総額と株価の変動

それから、その会社の規模、つまり株式の時価総額も、株価に影響すると考えられます。つまり、時価総額が少ない小企業の場合には、プラスのニュースが出た時に、株価が大きく値上がりする傾向があり、反対にマイナスのニュースが出た場合には、株価が大きく値下がりする傾向があります。また、小企業の場合には、市場取引の規模が小さいので、なかなか売買の取引が成立しないという側面もあります。ですから、大手の機関投資家の場合には、一定規模以上の株式でなければ売買の対象にならなかったりします。

投資を行っていく際に、投資の専門家からアドバイスを受けたい場合には、ファンドラップによって投資をする方法が利用できます。