資格の種類を知ることが試験勉強の第一歩

ファイナンシャルプランナーの資格の一つにFP技能士というものがあります。この資格は厚生労働省管轄の技能検定試験の一つです。この資格を取得することによって、客観的なファイナンシャルプランナーの技能レベルがわかり、最難関の1級技能士から最も易しい試験の3級技能士まであります。1級技能士の試験は年2回、2級技能士と3級技能士の試験は年3回行われて、それぞれ学科と実技があります。実技試験はケーススタディ形式の問題だと理解しておくといいでしょう。

FP1級技能検定試験に合格するための勉強法

FP1級技能士検定試験に合格するためには、まず学科試験にパスするレベルの知識が必要となります。この学科試験の難易度は2級技能士レベルの完全な知識があれば解けるものが半分程度出題され、あとは2級レベルを超えた難易度のものが出題されるというイメージで理解しておくといいでしょう。合格ラインは60%以上となっていますので、2級レベルの知識を完全にするという点がまず必要になるでしょう。その上でいかに1級レベルの問題を攻略するかが課題となるでしょう。

1級レベルの問題は過去問題を解くの効果的

1級レベルの問題を解くための勉強法としては過去問題を集中的に解くことが効果的だと言われています。過去の問題というのは、その試験が要求する知識等のレベルに関する試験委員からのメッセージのようなものです。これを読まないで受験をすると失敗する可能性があるでしょう。過去の問題を解いていくことによって出題のくせが把握できるようになり、1級レベルの問題に対してどういった勉強をしたらいいか、どの分野を重点的に勉強すればいいかがわかってくるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの講座で資格を取得して、転職や就職を有利に行いましょう。できるだけ、多くの学校を比較・検討する事をおすすめします。